日本には法律で賭博法というものが存在

17-06

日本語対応をいくらしてるからと言ってオンラインカジノのときは、日本での運営を禁止されているので国内での運営は行っておらず、海外のオンラインカジノを許可している国で運営をしており、日本語サポートスタッフもすべて国外の拠点からしています。先に結論から言いますと、日本人プレイヤーが日本で海外のオンラインカジノにインターネットを通じて現在のところアクセスしてカジノゲームをプレイすることは結果的に違法とも合法ともいえないグレーの状態です。

当然、オンラインカジノをこれから始めてみようかと思われている方にすれば確認しておかないと、犯罪を知らず知らずのうちに犯してしまっているなんてことになると大変ですからね。過去に実際に、日本でオンラインカジノをプレーをして摘発をされた例は一件もありませんし、オンラインカジノに参加したプレイヤーが逮捕された例はネットギャンブルの先進国であるアメリカでも存在しないのデス。

グレーと言うと響きが悪くなってしまいそのイメージダウンに結果なるかもしれませんが、「問題なくプレイし換金することが出来るのは取り締まる法律がないから」という風に単純に解釈をしていただくと問題がプレイするのにないと理解するのではないでしょうか。さらに、オンラインカジノを運営するには許可をしている国の政府から外国でもライセンスを発行してもらう必要があり、違法性がオンラインカジノの運営をするにあたってないと認められないと運営する事すらできないようになってるのです。

そんな、日本からインターネットを通じてオンラインカジノにアクセスをしプレイをすることは、国内にプレイヤーと胴元が居なければ法律違反とみなされないといった日本の法律では罰できないのデス。法律で賭博法というものが存在するので、ギャンブル大国と呼ばれてる我が国、日本にはオンラインカジノに関しても「実際のところは違法じゃないの?」とおもわれる方もとうぜんの様にわんさのではないでしょうか。

どういう理由で、そんな隴門戟乂なものになってしまってるかというと、胴元とプレイヤーが国内に居なければ日本の法律にある賭博罪や富くじ罪という法律は、法律違反とみなされないものになってるからなのデス。